ハイパーデント

ガラスセラミック加工

hyperDENT® 研削モジュールは、ツールパス作成に特別な加工方法を使用して、ガラスセラミックの最適な研削を可能にします。 可能な限り工具寿命を延長し、高いプロセス安定性を保証するために使用されます。

ユーザーインターフェース

簡略化されたユーザーガイダンス:計算はたった3つのステップで終了します。また、標準のユーザーインターフェイスでは、現在の計算ステータスが常に表示されます。

アンダーカット領域自動認識

アンダーカット領域自動認識機能により、自動で領域を選択します。

マルチレイヤー素材のシミュレート

マルチレイヤー素材の色をパーツに投影することでより精密な配置が可能です。

質問:
保守料やライセンス費はかかりますか?
回答:
CAMソフトウェアの維持費用はかかりません。新しいテンプレート対応も基本的に無料です。
質問:
ローランドに使えますか?
回答:
DG SHAPE DWXシリーズ用のテンプレートはございません。クラフト専用のCAMソフトウェアです。
質問:
ハイパーデントクラシックは販売していますか?
回答:
レーザーシンタリング用の加工Passが追加できる一方で、チタン加工に対応できなくなるため提供しておりません。既にクラシックを使い慣れている場合等の特別な理由があり場合、別途ご相談ください。